×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マダムシンコ お取り寄せ

Image Replacement
スポンサードリンク

川村信子 マダムブリュレに詰め込まれたアイデアと思い

川村信子の頭にはこの時、ある洋菓子が浮かんでいた。
それは…、

銀座時代、手土産で喜ばれていたバウムクーヘン。

「そうだ。バウムクーヘンやったら機械も残ってるし作れるんちゃう?」

こうして手探りのまま、
バウムクーヘン作りが始まった。

そしてこの時も信子が思い出したのが、あの味だった。

幼い頃、母が作ってくれたホットケーキの、
甘いメイプルシロップとバターの香り。

試行錯誤の末、生まれた商品、
それが後に爆発的な人気を誇る看板商品のバウムクーヘン、

マダムブリュレだった。



信子はこのマダムブリュレに、常識では考えられないアイデアを詰め込んだ。

通常バウムクーヘンは、こんがり焼き目が出来るまで機械で焼きあげる。

だが、
マダムブリュレは、焼き目がつかないようにふっくらと仕上げる。

そのため、普通のバウムクーヘンに見られるような年輪は、
マダムブリュレにはなかった。

これが、
マダムブリュレ特有の、
パサパサではないしっとりとした食感を生んだ。

マダムブリュレではさらに、
バウムクーヘンの表面を焦がしたキャラメルで覆うというアイデアも。

マダムブリュレはこれにより、
外はパリパリという独自の食感も加わり、すぐに大人気に。

デパートのイベントでは、わずか20分で600個を完売!

さらにパッケージを一新すると、
女性から評判を呼び、1日に2000個以上の売り上げに!

それはスイーツの常識を持たない素人同然の川村信子が、
自分の持ちうるアイデアをすべて注ぎ込み成し得た快挙だった。

川村信子
「お母ちゃんの味、私の青春の味、高度成長期の味、
子供時代の憧れの味、もう全てがこの一個に詰まってるんですよ」


スポンサードリンク

マダムシンコ 商品

スポンサードリンク

マダムシンコ