×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マダムシンコ お取り寄せ

Image Replacement
スポンサードリンク

川村信子 クラブ「銀座シンコ」をオープン

それは偶然遊びに行った東京銀座でのこと。

川村信子
「何か違うの。もう全然大阪と違う感じがして。
一度だけなんにもない信子で、一からスタート、
ホステスの信子からスタートしてみたいと思って」

日本一の夜の歓楽街・銀座で一番になりたい…!

そして信子が上京することを相談したのも、
誰よりも信頼を寄せる兄・典男だった。

すると兄は、
「現状に満足しとったら人間の成長はない。お前らしくてええんとちゃうか」

兄は背中を押してくれた。

信子はこうして大阪での成功を全て捨て、37歳で単身上京。

飛び込みで面接を受けた銀座で屈指の高級クラブで働き始めると、
持ち前の人あしらいのうまさで、次々と指名客を獲得。

なんと4ヶ月で見事ナンバー1に昇りつめる。

そして9ヶ月後には独立し、38歳で銀座8丁目に、
クラブ「銀座シンコ」をオープン。

時はバブル全盛期。

店は、高級官僚や政財界の要人など数多くの著名人であふれた。

ちょうどこの頃、後に旦那様となる
19歳年下の幸治さんとも知り合い、順風満帆な日々を送っていた信子。

だがこのあと、信子には数知れない試練が待ち受けていた…。

スポンサードリンク

マダムシンコ 商品

スポンサードリンク

マダムシンコ